加圧トレーニングの資格を取得する方法

あなたの加圧トレーニング資格取得のための総合情報サイト

男性も女性も加圧トレーニング資格

加圧トレーニングは日本人によって考案されたトレーニング方法です。専用のベルトで手足の血液をコントロールして体の血流を制限します。その状態でトレーニングをすることで、ハードなトレーニングをすることなく、ハードトレーニングと同じ効果が出るというものです。血流をコントロールすることで、脳がハードな負荷があると考えて成長ホルモンの分泌を促すのです。そのため通常のトレーニングの負荷で、ハードなトレーニングと同じ効果が出るのです。しかもトレーニングの時間は10分から15分という短時間です。

このトレーニングは、特許が取得されていますから、特許所有者の承諾なくしては、他人に施術することができません。資格取得のためには、専門学校へ申し込んで、教習を受ける必要があります。教習は自宅でネットを使ってできます。講習料が43万円前後、器具も買う必要があります。器具と講習で120万前後かかりますから、かなりの高額です。

受講するためには次の条件を満たしていることが必要です。*医師、理学療法士、マッサージ師、看護師、スポーツトレーナーなどの他人に対して施術をする資格を有する人。*3か月以上かつ24回以上の加圧トレーニングを経験した人。

この加圧トレーニング資格は他人に施術するときに必要ですが、本人が器具を買って自分で訓練する場合には、この資格は必要がありません。ただし結構デリケートなトレーニングですから、有資格者の指導の下で実施したほうが安全ですし効果も上がりやすいですね。

TOPへ戻る